newsclip_201610

 シーロム界隈で創業36年の老舗「江戸屋」。ランチで気軽に「ちらし」(230B)を注文。付き出し&サラダ&味噌汁がセットだ。

 江戸屋の店長いわく、「ワサビを醤油(しょうゆ)に溶いてネタの上に豪快に掛け、シャリ(酢飯)と一緒にかっ込むのがランチならでは」。でもかしこまった会食だったり、女性と一緒だったりした場合は?

 「ワサビをネタの上にチョコっとのせて、そのネタを醤油につけて元の場所へ。ネタを醤油皿に運びにくいときは、ガリに醤油を付けてネタの上にチョイチョイと」。なるほど! かっこいい! 今までそんなこと知らずに食べていた。

 安さが魅力のランチセットだが、江戸屋は基本的に鮮魚と野菜は「毎日仕入れ。使い切れない場合は小鉢で」を守っているとか。ランチでこそ魚を注文するのがお得か。